毎日アイスを食べると体に悪いのか?健康的にアイスを食べる5つの方法

スポンサーリンク
雑記
メアリーさん
メアリーさん

毎日アイスクリームを食べてるけど、体に悪いのかな…

 

アイスクリーム、おいしいですよね。

Dもパリッテとか大好きです。食後に食べたくなるのよくわかります。

 

でもアイスを毎日食べていると、糖尿病とか大丈夫なの…?

という漠然とした不安が襲ってきますよね。

 

それもよーーーく分かりますw

実際はそこまで気にしなくても大丈夫です。

 

当記事では下記のような疑問を解消します!

◎毎日アイスを食べているけど、体に悪影響はない?
◎毎日アイスを食べてると太る?糖尿病になる?
◎毎日健康的にアイスを食べる方法ってないの?

 

D
D

スーパーカップやジャイアントコーンなど、アイスクリームが大好きなで毎日食べているけど健康面が気になっている方は、ぜひご参考ください。

 

 

スポンサーリンク

毎日アイスを食べると体に悪く病気になる?

まず気になるのが「アイスを毎日食べると病気になるのか」ということですよね。結論から言って、毎日アイスを食べたことが原因で病気になる可能性は低いです。

 

そりゃ毎日5個とか10個とか食べてれば別ですが、1日1個くらいなら健康に及ぼすほどの害は、ほとんどないと考えるのが一般的でしょう。

毎日アイスを食べても糖尿病になる可能性は低い


毎日アイスを食べたからといって、糖尿病になるとは考えにくいです。

というか、糖尿病は甘いものを食べ続けたらなる!とか単純な病気じゃありません。

 

体質・遺伝・生活習慣など、さまざまな原因が複雑に重なり合って発症する病気です。毎日アイスを食べても糖尿病にならない人もいれば、普段甘いものを食べないのに糖尿病になる人もいます。

糖尿病は血糖値を下げるインスリンがすい臓から正常に分泌されず、血中や尿に血糖が溢れてしまう病気。血糖値は砂糖に限らず、白米等に含まれる糖類でも上がるので、甘味かどうかはさほど問題じゃありません。

 

厳密には食べ過ぎ、運動不足、肥満などが主な原因となります。

食べ過ぎにより血糖値が上がったり下がったりしすぎると、インスリンが正しく分泌されなくなることがあるのです。

 

詳しくは専門サイトをどぞ。

糖尿病とは | 糖尿病情報センター
糖尿病について解説しています。

 

 

D
D

つまり毎日1つのアイスを食べているだけで糖尿病になるなら、白米や麺類を食べているだけで糖尿病になるはずです。

スポンサーリンク

毎日アイスを食べると太る?

基本的に何を食べようと、消費カロリーが摂取カロリーを上回っていれば太りません。

1日の消費カロリーが1000だとして、アイスを食べた結果1日の摂取カロリーが1200になるのであれば、太っていくでしょう。逆にアイスを食べても合計1000キロカロリー以下であるなら、太るとは考えにくいです。

 

D
D

手っ取り早いのは、毎日アイス分のカロリーを運動で消費すること

スポンサーリンク

健康的に毎日アイスを食べる5つの方法


毎日食後のアイスがやめられない!

でも健康的に食べたい!という気持ちもありますよね。

 

そこでここから健康的に毎日アイスを食べる5つの方法を紹介します。

毎日食べるアイスの種類を選ぶ

同じアイスでも、種類によって製法やカロリーが大きく異なります。アイスと言ってもいくつかの種類があり、それぞれに明確な定義が定められているのです。

 

アイスクリーム

アイスクリーム類のなかで「乳固形成分量15%以上、そのうち乳脂肪分が8%以上」のものが「アイスクリーム」に分類されます。

アイスミルク

アイスクリームと異なり「乳固形分10%以上、うち乳脂肪分が3%以上」のものは「アイスミルク」と呼ばれます。

ラクトアイス

さらに「乳固形分3%以上」の場合は「ラクトアイス」と呼ばれます。

氷菓

シャーベット状など「乳固形分3%未満」のアイスに関しては「氷菓」という分類になります。

 

基本的には乳脂肪分が少ないアイスのほうがカロリーも低くなる傾向があります。トッピングなどによって高カロリーになっているアイスも多いので、購入前に裏面をチェックしてみるといいでしょう。

他の食事とのバランスを考える

毎日アイスだけでは、栄養が偏り体調を崩す可能性があります。

他の食事により栄養バランスを整えたうえで、アイスを楽しむことが大切です。

カロリー計算をする


毎日アイスを食べても太らないように、カロリー計算をしっかり行いましょう。

 

自分の1日あたりの消費カロリーがどれくらいかを知ることで、摂取しても大丈夫なカロリーを把握できるようになります。

 

自分の1日あたりの摂取カロリーは、以下のようなサイトでシミュレーションが可能です。

TDEEの計算
一日の総消費カロリーであるTDEEを計算します。

 

脂肪1キロあたり7200キロカロリーなので

720キロカロリーオーバーするごとに100gの脂肪が増えるというイメージ。

 

ちなみに市販のメロンパンって、ひとつで500キロカロリーくらいあるんですよね・・・(;’∀’)

アイスを食べる時間に注意する

アイスに限らずですが、寝る前に食べると摂取したエネルギーが消化されず、脂肪として蓄積されていきます。毎日アイスを食べるのなら、遅くとも昼食後までにしておきましょう。

 

生活内の運動レベルにもよりますが、昼から夜までの時間があれば、アイスのカロリーも消費可能です。アイスは概ね250~350キロカロリーほどなので、大体1時間も歩けば大体消費できます。

 

D
D

夜に食べると寝るだけで消費しきれないんですよね。

カロリー分の運動をする


アイスのカロリー分、運動して消費してしまうのも方法のひとつです。

 

300キロカロリーは40分~50分程度ジョギングすれば消費できるので、運動に抵抗がないのであれば、取り入れてみてはいかがでしょう。

 

身体も引き締まるので一石二鳥ですよ(^^)

 

ちなみに過去に缶コーヒーは1日に何本まで飲んでもOKかを書いた記事もあるので、よければご覧ください(‘ω’)ノ

缶コーヒーは1日何本まで飲んでも大丈夫なのだ!?
缶コーヒーって1日何本まで飲んでも健康的に大丈夫なんだろう?と考えたことはありませんか?普段から1日に2〜3本は飲むという人もいますよね。Dもそれくらい飲んでますから。ただブラックならともかく、微糖やカフェオレだと砂糖の量も気になるところ。
スポンサーリンク

まとめ

毎日アイスを1つ食べるのは、基本的に問題はありません。

が、できれば2日に1個くらいの間隔のほうが気持ち的には安心できると思います。

 

最近は豆腐アイスなどお手軽に作れる健康アイスのレシピも公開されているので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか