お風呂で電話はアリかナシか!意外なメリット3つを教えちゃうよ!

スポンサーリンク
雑記

この記事は下記の疑問を持つ方に向けた内容です。

お風呂で電話したいけど、変に思われないかな?
ハウリングで音が響くけど、ちゃんと電話できるの?

お風呂に浸かっている時間は、意外と退屈なもの。

スマホを持ち込んでLINEやゲームをやりこんでる人も多いですよね。

 

しかし、浴室内で「電話」はどうなのか…?

通話品質などはもちろん、相手にお風呂からの電話は変に思われないのか。

 

ちょっと考えちゃいますよね~

そこで当記事では

お風呂で電話した際の相手の反応
お風呂で電話することのメリットとデメリット
お風呂で電話する際に役立つアイテム
などの情報をお届けします(‘ω’)ノ
D
D

興味のある方はぜひお役立てください。

スポンサーリンク

お風呂での電話はアリかナシか

結論からいうと相手によります。
お風呂での電話は確実にハウリングして音質も落ちます。

 

それが問題ない友達や家族が相手なら、問題ありません。

相手がバイト先や職場からの電話の場合は、しないほうが無難です。

 

あなたがお風呂にいることは電話越しにも伝わります。

 

D
D

色々な意味で気まずくなるだけだと思います

スポンサーリンク

お風呂で電話することのメリット3つ

まずはお風呂で電話が可能な場合のメリットをご紹介します。

相手を選ぶとはいえ、お風呂で電話できれば下記のようなメリットが得られます。

メリット1:時間を効率的に使える

お風呂で電話をすれば、それ以外の時間を消費せずに相手と話すことができます。

勉強や趣味の時間を削らず、電話もできてお風呂も楽しめる。

一石三鳥ですよ!でも、長湯でのぼせないように注意してくださいね。

 

D
D

ぬるめのお湯がオススメです。

スポンサーリンク

メリット2:入浴中も退屈しない

入浴は気持ちよくリラックスできる反面、退屈しやすい環境です。

電話相手がいるだけで、退屈することなく時間はあっという間に過ぎてしまいます。

 

D
D

スマホやタブレットを持ち込めば、電子書籍を読むこともできます

スポンサーリンク

メリット3:ダイエット効果が期待できる

森永製菓の公式サイトによれば、体重60キロの人が1分間の電話で消費するカロリーは「1.89kcal」だそう。

つまり1時間の電話で113kcalは消費する計算です。

これが入浴中ともなれば、さらに大きなカロリー消費が期待できますよね。

inゼリー・inバープロテイン | 森永製菓株式会社
消費カロリーカウンターについてご紹介。1分当たりのカロリー早見表を掲載しています。

 

以上がお風呂で電話をすることで得られる主なメリットです。

D
D

他にもあると思いますが、今すぐ思いつくのはこれくらいでした。思いついたら追記します。

スポンサーリンク

お風呂で電話することのデメリット3つ

逆にお風呂で電話するデメリットについて解説したいと思います。

デメリット1:相手にお風呂中であるとバレる

相手にはお風呂中であることが高確率でバレます。ハウリングや水の音はよく聞こえるので、浴室内にいるとすぐにバレてしまうんです。

 

それにより相手に変に思われてしまうリスクは十二分にあります。

浴室の窓などを開ければ多少ましになりますが、焼け石に水です。

デメリット2:ハウリング等で通話品質が下がる

浴室での通話は電波が届きにくくなり、声も反響するため通話品質としては悪くなります。とくにLINEなどWiFiを介した通話アプリだと、音声ラグなど不安定になりやすいです。

デメリット3:スマホ水没の可能性がある

スマホをお風呂に持ち込むと、否が応でも水没の可能性が出てきます。

防水仕様のスマホであれば問題ないですが、あまり長時間使うのはオススメできません。

お風呂で電話すると相手にどう思われる?

お風呂で電話を受けたりかけたりすると、相手にどのように思われるのか。

 

人によるとしかいえないのですが、予想の限りでピックアップすると…

◎お風呂中なのかな?
◎自分のこと誘ってるのかな?
◎電話の向こうじゃ裸なんだな…( *´艸`)

くらいですかね。

 

D
D

相手が同性か異性かによっても変わりますけど。

スポンサーリンク

お風呂で電話するのに役立つアイテム4選

お風呂でより快適に電話したいなら、ちょっとしたアイテムを活用するのがオススメです。

100均などで手軽に入手できるものから、本格的なものまで種類はさまざま。

 

ぜひ、あなたの環境に合わせたアイテムを選んでください。

アイテム1:ジップロック

食材の保存で有名なジップロック。
じつはお風呂でスマホを使う際に役立つアイテムの一つなんです。

 

ジップロックにスマホを入れておけば、スマホが濡れるリスクを軽減できます。
さらに指紋認証にも反応してくれるので、不自由なくスマホをいじることができます。

D
D

完全防水仕様のスマホでも安心はできませんからね。

アイテム2:防水イヤホン

防水イヤホンは通話時にも役立ってくれます。

スピーカーで電話をすると、浴室内では相手の声もハウリングしてしまいます。それが防水イヤホンをつけることで、相手の声を聞き取りやすくなるんです。

アイテム3:スマホ防水専用カバー

浴室でより快適にスマホをいじりたい!という人は、防水専用カバーを活用しましょう。ジップロックとは比較できないほど頑丈で、顔認証にも対応しています。

100均一などでも購入できますが、そっち使うならジップロックで十分かも。

アイテム4:バスタブトレー

入浴中にスマホを手に持ってるのがダルイ!という人はこれ。

バスタブの端にひっかける形で、即席のデスクができちゃいます。

 

iPhoneはもちろん、iPadなどタブレットもOK。さらには飲み物もおけるので、1時間や2時間お湯に浸かる人にはかなり便利な一品です。

 

D
D

最近はほんとに色々なものが出てきてますよねぇ

スポンサーリンク

まとめ

結論として、相手によってはお風呂での電話もOKということですね。もってお風呂から電話すると伝えて問題ない相手であれば、お風呂からのコールも問題ありません。

お風呂でスマホは危険?安全に電話やスマホゲームを楽しむ方法5つ
「お風呂でスマホを使いたいけど、浸水しないかな」 と不安を抱えているのではないですか? 長風呂になると、入浴中にもスマホをいじりたくなりますよね。 Dもお風呂好きなので気持ちはよーーーくわかります。 でも、お風呂に持ち込んでスマホが水没・浸水したら発狂もの… スマホに防水機能が搭載されていても、完璧じゃありませんしね。 そこでこの記事では 「お風呂でスマホを使いたいけど、浸水や感電が不安…」 という方に向けて、お風呂で安全にスマホを使う方法を解説します。
D
D

相手との距離感をしっかり把握して、バスタイムを楽しみませう!