ウルトラブーストアンケージド(ULTRABOOST UNCAGED)を買ってみた!サイズ感とか感想まとめ

スポンサーリンク
雑記

 

ジョン君
ジョン君

ウルトラブーストアンケージドって、履き心地とかサイズ感どうなん?

とお調べされているところですか?

 

このブログでは、以前にウルトラブースト・オリンピックゴールド

購入したレビューを書いています。

ウルトラブースト・オリンピックゴールドを買ってみた感想
オンラインで瞬く間に売り切れたウルトラブースト・リミテッドセレブレーション。ゴールドとシルバーのカラーデザインも素晴らしいです。意外と店舗では簡単に入手できたので、履き心地やデザインなどを紹介したいと思います。
D
D

気がつけば、あの記事を書いてから2年以上が経過していました。

購入したウルトラブーストは、ずっと普段履き用として使っていたんですよ。

でも2年も経つと靴底のソールもすり減り、誰が見ても買い替え時期だと分かる程度にまでなってしまいました。悲しきかな。

しかし、ウルトラブーストの快適さを知ってしまった以上、普通のランニングシューズやスニーカーに戻ることは考えられませんでした。

 

と言うことで、今回もウルトラブーストを買ったんですが、通常のタイプではなく「ウルトラブーストアンケージド」と呼ばれるシリーズのシューズです。

基本は通常のウルトラブーストと同じですが、一部変更になっている点もあります。

 

D
D

せっかくなので、前回のタイプとの比較も含めて、ウルトラブーストアンケージドを使ってみた感想及びレビューをしようと思います。

スポンサーリンク

ウルトラブーストアンケージド(ULTRABOOST UNCAGED)とは??

アンケージドには「ケージを取り払った」や「解放された」みたいな意味があるそうな。

 

実際どういうことかと言えば、このウルトラブーストアンケージドには、従来までのウルトラブーストにあった両サイドのアッパーがありません。

比較するとわかりますが、通常のウルトラブーストには、両サイドに硬いポリウレタン製のパーツがついており、アンケージドにはついていませんね。

 

代わりにアディダス独自のテクノロジー素材である

プライムニットアッパー」が採用されています。

 

これが、アンケージドと名付けられた所以です。

またウルトラブースト全体が、ニット生地で構成されているのも特徴の1つ。

 

これにより、従来のタイプよりも軽量化に成功しており

なおかつ伸縮性によって足にぴったりフィットする仕上がりとなっています。

スポンサーリンク

ウルトラブーストアンケージド/ULTRABOOST UNCAGEDの履き心地レビュー

アンケージド/ULTRABOOST UNCAGEDのデザイン上で気になるポイントと言えば、まるで靴下のようになっている足首の部分ではないでしょうか。

 

D
D

Dも最初は戸惑いましたが、足全体を包み込むようにフィットさせると言う意味では、従来の形よりもベストなのかもしれないと思いました。

ただ、ランニングやジョギングで使う人ならいざ知らず、普段履きで使うDとしては、脱ぎ履きしにくいことが多いので、正直微妙です。

 

いちいち玄関で履き直ししなきゃならないのが、かなーり面倒くさい。ちょっとした用事とかだと、もっとパパッと履いてささっと出たい。

 

その他の履き心地に関しては、従来のウルトラブーストと違いはなく、100%のboostフォームによって、独特なふわふわ感を感じることができます。

 

つま先から足先、かかとなど、足全体への負担を最小限に抑えるための設計で作られているため、安物のジョギングシューズ等とは比べ物になりません。

 

ウルトラブーストになれた状態で安物のシューズを履くと

その違いがすぐにわかるようになりました。

 

安物のシューズは、ちょっと長い距離歩くとすぐに足が痛くなるんです。

ウルトラブーストではそういったことがなく、長距離でも難なく歩き続けることができました。

スポンサーリンク

ウルトラブーストアンケージドのサイズ感は0.5cmほど小さめ

ウルトラブースト全体に通して言えることですが、このシリーズは他のランニングシューズやスニーカーに比べて、若干小さめに設計されている気がします。

 

D
D

Dは他の靴では、26か26.5を選んでいるのですが、ウルトラブーストに限っては前回のノーマルタイプも今回のアンケージドも、27センチがベストサイズでした。

26.5センチでも履けない事はなかったのですが、横幅的に締め付けられる感じがしたので、多少余裕のある27センチを選んだ次第です。

 

ぴったりしたサイズ感が好きな人なら、他のシューズと同サイズでもいいかもしれません。

 

ですが、街履きとして使うのなら、普段より0.5センチ大きめのサイズを選んだ方が良いでしょう。

特に足のむくみとかを気にされる方は、絶対0.5センチ大きめの方がいいと思います。

スポンサーリンク

通販で購入する場合のサイズ選び

ネットでウルトラブーストを購入する際に、サイズ感はどれを選べばいいのかわからない!と悩む人はかなり多いでしょう。

 

D
D

基本は0.5センチ普段より大きめのサイズを選ぶがベストですけど

やっぱり不安は拭いきれませんよね。

ウルトラブーストシリーズは、他のランニングシューズと比べて価格もやや高めなので、不安になる気持ちはよくわかります。

できれば近所の靴屋などで、ウルトラブーストが置いてあれば、好みのカラーでなくても構わないので、サイズ感だけチェックしておくのが理想です。

 

ちなみに他のレビューを見る限り、アディダスの公式サイトだと、サイズ違いによる交換等を受け付けてもらえないケースもあるので注意してください。

 

どうしても通販のみになってしまう場合は

いざというときにサイズ交換に応じてもらえるところを選ぶようにしましょう。

 

既に従来のウルトラブーストを履いていた人であれば

アンケージドでも同じサイズで問題ないと思います。

スポンサーリンク

ウルトラブーストアンケージドのデザインはカッコよい?ダサい?

ウルトラブーストアンケージド(ULTRABOOST UNCAGED)のデザインがかっこいいかダサイかについては、各個人の好みによって完全に分かれるポイントでしょう。

 

ウルトラブーストシリーズは、総じてかかと部分のパーツが特徴的であり、後はカラーリングであったり、両サイドのアッパーパーツの有無くらいしか違いはありません。

 

D
D

個人的にはいかにもなランニングシューズみたいなデザインではなく、シックなものが多いので気にいっています。

ただ、以前購入したオリンピックゴールドと比較した場合、アンケージドはやや微妙な印象を持っているのも事実です。

 

まぁ完全に好みの問題ですね。

スポンサーリンク

お値段は高めだがセール品やアウトレットを狙えばそうでもない

ウルトラブーストは一般的なランニングシューズと比べて

値段が高いと言われるケースが多いです。

 

実際、ウルトラブーストが発売された当初は、カラーバリエーションも少なく、価格も2万円超えと、かなり強気な値段設定でした。

 

今でも新作の価格設定は変わっていないのですが、カラーリングやシリーズが増えた分

アウトレット品も出回るようになり、リーズナブルな価格で入手できるようになっています。

 

楽天やヤフオク等でも、新品のウルトラブーストが1万円前後で

出品されているケースも少なくありません。

 

カラーリングはあまりこだわらないから、ウルトラブーストが欲しいと言うことであれば、そうした部分を狙ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

D
D

アンケージドは全体的に、従来のウルトラブーストよりも安くなっているところが多い気がします。人気がないのか何なのか… 。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ウルトラブーストアンケージドの購入レビューでした!

 

デザイン的に好きな人はもちろん、より軽くてクッション性が高いシューズを探している人にも、オススメできるシューズです。