5億年ボタンがあったら押す?押さない?他人に押してもらうだろ

スポンサーリンク
雑記

あなたは5億年ボタンがあったら押しますか?

それとも押しませんか?

 

ネット界隈では意見が分かれる5億年ボタン。

話の中に異次元空間と同類の存在が出てくるため、認識がしづらくなっているのもあると思います。

 

ということで、この記事では5億年ボタンを押す側の意見・押さない側の意見をそれぞれ解説しながら、どちらの選択肢がよいのかについて検証。

D
D

Dなら誰かに押してもらいます。

スポンサーリンク

5億年ボタンとは

5億年ボタンはウェブ界隈で一時期注目された「BUTTON A PART TIME JOB」というCG漫画のストーリーの1つです。

 

内容としては、ボタンを押すと何もない空間に飛ばされ、その空間で5億年間過ごすことができたら100万円もらえるというお話。

 

さらに5億年経過した後は、その間の記憶は一切抹消されるため、本人的にはただボタンを押したら100万円がもらえた認識になる。ストーリー内では、「誰にでもできる簡単で楽なアルバイト」とのこと。確かに誰にでもできるでしょう。

 

だがしかし!!

5億年何もない空間で孤独に過ごす辛さと絶望感

この空間、5億年間本当に何もない空間でたった1人で過ごさなければならないと言う鬼畜設定。

 

他人もいなければ、遊ぶ道具はもちろん、鉛筆と紙さえありません。さらに眠ることもできず、自ら命を立つなどの行為もできないので、ただただ時間が過ぎるのを待つしかない。おまけに空腹になることもなく、飲食もできないときた。

 

個人的には、たかだか100万円のために5億年というのは、時給換算でもブラック過ぎると思うのです。そもそも5億年とか、人類誕生や恐竜時代よりもさらに長い時間だし、それを過ごそうとする方がおかしいでしょう。

 

しかし、ネット界隈では5億年ボタンを押すと言う人もけっこうな数いるとか。押さない派からすると「理解できん!馬鹿じゃないの!?」と言う声も。

スポンサーリンク

5億年ボタンを押す人の理由と意見

「5億年ボタンがあったら押す」と、答えている人の大体の理由や意見は次の通り。

5億年くらい1人で過ごせると思っている

1人でいるのには慣れているから、5億年ぐらい1人でも余裕だ!というもの。とはいえ、実際には耐えられるようなものではないので、本当にその場面になったら押さない人が大半でしょうね。こっちはあまり現実味がない意見です。

記憶を失うなら経験してないのと同じだから

押す側の一番正論とされる意見がこれ。

ジョン君
ジョン君

記憶を失うのだから、何もないのと同じ

 

文面で見るとちょっとややこしい。

5億年ボタンは押すと別次元の空間に飛ばされて、そこで5億年過ごしたのちに記憶を消されるという設定。

 

原作では主人公が5億年を過ごしている様子が描かれています。が、最終的には記憶を消されるので、本人にはボタンを押したらすぐに100万円がもらえたという認識になります。

 

だからこそ「覚えてないなら、何回でも押す!」という意見になるわけですね。

5億年ボタンは押す本人の体験と第3者から見た光景に差があるために、こうした意見の違いが生まれるのでしょう。

5億年ボタンを客観的に分析

客観的にみると、5億年を過ごしている間の意識もあり、その後記憶を消される恐怖がやってくるという認識になりますから。作中でもそのような説明をしているから余計ですね。

 

多くの人のイメージとしては

夢を見ている間はそれが現実のように感じて、目を覚ますと夢であることに気付き、いずれ忘れてしまうメカニズムと同じように感じるのでしょう。

 

ただ5億年ボタンの場合は「夢を見ていたことさえ覚えていない」ので、本人的には寝て起きたら朝がきたのと同じ感覚。

 

ジョジョの登場キャラクターである『ディアボロ』が持つ、キング・クリムゾンで時間を消し飛ばされたのと似た現象ですね。消し飛ばされた時間(5億年)のことは一切覚えておらず、結果だけ(100万円がもらえる)が残る。

悪役の名言・セリフ55選!アニメ・ゲーム・映画の悪役の格言
悪役は自己中心的や少数派であっても問題なく受け入れられるため、より個性的なキャラクターが多くなるのです。また世の中には主役や主人公よりも、悪役や敵役の方が好きと言う人も少なくありませんよね。管理人もそうですし。
1秒から10秒までの動画があったとして、編集で2秒~9秒までをカットするのと同じですね。カットされた8秒間に何を経験していようと、覚えてないし過程も残らない。10秒目の結果だけが残っているという。

おまけに5億年ボタンの場合は、時間軸自体が異次元なので、ボタンを押して100万円が出てくるまでにタイムラグもないという優れモノ。

D
D

これなら押すという意見も理解できる。不透明で怖いけど。

スポンサーリンク

5億年ボタンを押さない人の理由と意見

一方で5億年ボタンなんか絶対押さない!という人の意見や理由はこちら。

5億年を自分が体験するという前提で考えれば、当然の思考でしょう。

5億年も耐えられないから

はい、そのままです。

無限にも等しい5億年という時間をたった1人で、それも何もない空間で過ごすなんて、到底耐えられないからという意見が大半。

 

でも先に解説した通り、ボタンを押した本人は押してから100万円が手に入るまでのことを覚えていません。5億年を過ごしている自分の意識はどこにもない。夢を見ているときのような「自我」は一切ないんです。

 

作中では5億年間の在り方を描いていますが、最後は全部忘れてる。

5億年空間を過ごしているのは、別の「誰か」と言ってもいいくらいに、自分には関係がない。ボタン押してから100万円が出てくるまでに意識の途絶えもなく、いつも通りの時間が流れているんだもの。

 

例えば…

いまスマホのLINEアプリを開くと、別次元で5億年を経験することになります。

でもその記憶は5億年経過時に消されます。そしてリアルタイムには一切の時間のラグもなく、いつも通りの時間が流れていきます。

 

全ての人はLINEのアプリを開けば、そのままアプリ画面を見ますよね。

でも、忘れているだけでアプリを開いた瞬間に5億年経験しているんですよ?と

言われている状況です。

D
D

なら普通にボタン押すよね

スポンサーリンク

まとめ

5億年ボタンを理屈で考えれば、ボタンを押すだけで100万円がもらえる素晴らしきアイテムです。連打するぜ!!という押す側の意見も納得。

 

でも、こういうアイテムって意外な落とし穴とか裏設定があって大目玉を食らうってオチがつきものじゃないですか。だから結論として他人に押させるのがもっとも安全!!

 

1回につき5万円あげるといえば喜んで押してくれる人はたくさんいるからね!