【実機レビュー】Fire HD 8 Plusを買ってみた感想と評判・口コミまとめ!

スポンサーリンク
購入レビュー

Amazonの激安タブレット「Fire HD 8 Plus」の購入を検討中ですか?

 

この記事は下記のようなお悩みを解消する実機レビューです。

◎AmazonのFire HD 8 Plusってどうなの?
◎ネットや動画はストレスなく観れる?ゲームは?
◎テレワークには使える?

 

Fire HD 8 Plusを購入して使ってみた感想として「iPadが欲しいけど、予算的に辛いしそこまでのスペックはいらない…」って人には、超絶おすすめなタブレットだと思います。

 

1万円でこのスペックなら大満足です(^^)

 

3Dゲームや動画編集など負荷の大きい作業には不向きですが、ブラウジングや動画閲覧などが主要な目的であれば、まったく問題ありません!

 

実機の写真もまじえて、Fire HD 8 Plusでできること・できないことを詳しく解説するので、購入を検討中の方はぜひ参考にしてください(‘ω’)ノ

 

スポンサーリンク

Fire HD 8 Plusを購入しました!

文字通りですが、Fire HD 8 Plusを購入しました!

 

以前はiPad mini3を使っていたんですが、経年劣化もありフリーズ率が半端なくなったので買い替えたわけです。

 

本当はiPad mini5を購入しようかと思ったんですが、使用用途的にいらないなとなって、Amazonの激安タブレットであるFire HD 8 Plusを購入しました。

 

名も知らない中華タブレットは怖いですし(;^ω^)

 

あとiPadは容量が本体固定だけど、Fire HD 8 PlusはSDによる拡張ができるので、その辺りも魅力に感じたポイントですね。充電ジャックとは別にイヤホンジャックついてるし!

スポンサーリンク

Fire HD 8 Plusとは

Fire HD 8 PlusはAmazonが販売している激安タブレットです。

 

毎年マイナーチェンジを繰り返しており、年を追うごとに機能性が充実してきています。

 

またFire HDには8インチ以外にも、7インチと10インチがあり、これはディスプレイサイズを表す数字です。数字が大きくなるほどディスプレイも大きくなり、逆は小さくなります。

 

機種 Fire7 Fire HD 8 Fire HD 8 Plus Fire HD 10
商品ページ Amazonへ Amazonへ Amazonへ Amazonへ
最新型/発売年 2019年/第9世代 2020年/第10世代 2020年/第10世代 2019年/第9世代
画面サイズ 7インチ 8インチ 8インチ 10インチ
解像度 1024×600/SD画質 1280×800/HD画質 1280×800/HD画質 1920×1200/FHD画質
本体サイズ 192×115×9.6 202×137×9.7 202×137×9.7 262×159×9.8
重量 286g 355g 355g 504g
CPU クアッドコア1.3GHz クアッドコア2.0GHz クアッドコア2.0GHz オクタコア2.0GHz
RAM 1GB 2GB 3GB 2GB
スピーカー モノラル デュアルステレオ デュアルステレオ デュアルステレオ
microSDスロット/拡張容量 512GBまで 1TBまで 1TBまで 512GBまで
カメラ性能 2メガピクセルフロントカメラ、リアカメラ +720pHDビデオレコーディング
Wi-Fi デュアルバンドa/b/g/n デュアルバンド a/b/g/n/ac※wifi 6(802.11 ax)は非対応 デュアルバンド a/b/g/n/ac※wifi 6(802.11 ax)は非対応 デュアルバンドa/b/g/n
バッテリー 最大7時間 最大12時間 最大12時間 最大12時間
ワイヤレス充電 なし なし 対応 なし
カラー ブラック ブラック・ブルー・ホワイト スレート ブラック・ブルー・ホワイト
保証 90日間 90日間 90日間 90日間

 

今回Dが購入した8 Plusは無印8の上位機種にあたります。

iPhoneでいうところの無印とPlus・Maxみたいなもんです。

 

最上位機種はFire HD 10ということになりますね。

とはいえ、上位機種でも1万円とちょっとの格安価格(‘ω’)ノおっとくー

スポンサーリンク

Fire HD 8 Plusの特徴

FireタブレットはAmazonが自社サービスを使いやすいよう、Amazon専用仕様として作られています。なのでOSもAndroidやiOSじゃなく、FireOSと呼ばれる専用OS。

 

AndroidをベースにAmazonが独自に設計したOSです。

 

一般的なAndroidならGoogle Playからアプリをダウンロードできますが、Fireタブレットの場合は、専用アプリストアからになります。

 

YouTube・kindle・Instagram・ZOOMなど、Androidでメジャーなアプリは概ね揃ってます。が、本家のGoogle Prayと比べると、品揃えはめちゃ悪いです…

 

いやもう、ほんとびっくりするほど!

でもちょっとした工夫でGoogle Playをインストールすることも可能なので、これらの問題はほとんど気にならなくなります。

※GooglePlayのインストール方法については別記事で解説

 

専用アプリストアでは、WordやExcelなどがラインナップにありません。Fireタブレットをテレワークで使いたい!という場合、GooglePlayのインストールは必須と言えます。

スポンサーリンク

本体の大きさや重量

ディスプレイサイズは8インチ。本体サイズは202 x 137 x 9.7mmで、大体iPad miniと同等です。持ち運びにはちょうどいい感じ。重さは355g。

 

スポンサーリンク

処理能力

Fire HD 8 Plusにはクアッドコア2.0GHzが搭載されており、RAMは3GBが実装されています。ハイエンドのiPadほどサクサク感はないですが、日常使用における不便はほとんど感じません。

 

スポンサーリンク

バッテリー

公表値だと最大12時間とあります。

 

実際に使ってみた体感としても、ブラウジングや読書などであれば、普通に1日持つと思いますね。動画とかだと連続6~8時間くらい?

 

いずれにせよバッテリーをこまめに気にしないといけない!というほどではないです。

スポンサーリンク

カメラ撮影機能

ないと思った方がいいレベルに使い物になりません。

 

フロントカメラで2メガピクセル(200万画素)なので、どんなに工夫しても無理です。

おまけ程度に考えた方がいいと思います。

スポンサーリンク

動画撮影機能

720pHDビデオレコーディングが実装されていますが、こちらもおまけレベル。

画質が粗すぎて使い物になりません。格安タブレットなので仕方ないです。

 

スポンサーリンク

Fire HD 8 Plusにできること・できないこと

Fire HD 8 Plusでできることは、GooglePlayをインストールするか否かで大きく変わってきます。ここではGooglePlayをインストールしない前提で解説するのであしからず。

できること

Fire HD 8 Plusは主に下記のような用途で使用できます。

 

◎ブラウンジング・ネットサーフィン

FireOSには、デフォルトで「Silkブラウザ」というブラウザがインストールされています。

このアプリで基本となるブラウジング・ネットサーフィンの閲覧が可能です。

 

もちろんGoogleにアクセスもできるので、自身のGoogleアカウントにログインして、YouTubeの登録チャンネルを楽しむこともできます。

 

◎映画・動画の購入・再生・鑑賞

amebaTVやYouTubeなどの動画サービスはもちろん、ネット上の動画を再生することもできます。

 

またSDカードにより1TBまで容量を拡張できるので、アニメや映画をダウンロードしてオフラインで楽しむことも可能です。

 

Fire HD 8 PlusはWiFiモデルのみですが、あらかじめダウンロードしておけば、子どものアニメ鑑賞用端末としても活躍してくれるでしょう。

 

Dはジップロックに入れて、お風呂場で長湯のお供として連れこんでいます。

YouTubeとか見てるとエンドレスに追い炊きしちゃいますよw

 

◎漫画・書籍の購入・読書

Amazonが販売している端末なので、当たり前ですがkindleアプリが使えます。電子書籍を読む端末としても優秀で、文字や絵の読みやすさ・明るさなども申し分ないです。

 

電子書籍リーダーとして「Kindle Paperwhite」なども販売されていますが、機能的にネットも楽しめるFire HD 8 Plusのほうがおすすめです。

 

お値段重視なら無印のFire HD8もありだと思います( 一一)

 

◎音楽の購入・聴く

初期アプリとしてAmazon Musicアプリがインストールされているので、amazonで音楽を購入するのはもちろん、SDカードに好きな音楽を入れて楽しむこともできます。

 

その他の音楽アプリもアプリストアからダウンロード可能です。ただしLINE MusicやGoogle Play Musicなど、代表的な音楽アプリはラインナップにもありません。

 

◎簡単なアプリゲーム

パズドラやモンストなど端末への負荷が少ないゲームであれば、問題なく楽しめます。

 

ただアプリゲームのラインナップもかなり少なめなので、あなたのやりたいゲームがダウンロードできるか否かは怪しいところです。

 

 

D
D

やっぱり本格的に使うならGoogle Playインストール必須です。

◎PCのサブディスプレイとして活用

ちょっと工夫をすることで、WindowsPCのサブディスプレイとして活用できます。

 

ただ性能的に本格的な製品には劣るので、サブディスプレイ目的でFire HD 8 Plusを購入するのは推奨しません。あくまでおまけ程度の感覚で試してみるといいでしょう。

 

 

D
D

具体的な設定方法については、別途記事を作成して解説します!

◎ZOOMなどテレワークでの活用

Fire HD 8 PlusではZooMも使えるので、テレワークのWEB会議用として活用も可能です。カメラ画質は撮影を前提にすると論外ですが、WEB会議レベルであれば問題ありません。

 

 

◎キーボードやマウスを接続してモバイルPC代わり

Bluetoothで無線キーボードやマウスと接続すれば、簡易的なモバイルPCとして活用できます。

Googleドキュメントなどと併用すれば、資料や記事作りも可能です。

できないこと

一方で、Fire hd 8 Plusは標準だとできないことも多いタブレット。何ができないのかを理解しておけば、目的の用途を果たせないような事態も回避できます。

 

Google Playが使えない※工夫すればインストール可能

冒頭でもお伝えした通り、Fire hd 8 PlusはAmazon仕様のため、GooglePlayは使えません。非公式の方法でインストールすることもできますが、公式サポートの対象外となります。

 

D
D

Dは普通に導入しましたけどね!

カーナビなどGPS利用のアプリには向かない

Fire hd 8 PlusにはGPSが搭載されていないので、カーナビなどGPSを用いたアプリなどには使用できません。地図が必要なときはスマホを使いましょう。

 

Wi-Fi環境がないとネットは使えない

iPadのようにセルラーモデルはなく、Wi-Fiモデルのみなので、Wi-Fi環境が整っていないところでは使用できません。

 

オフラインで起動する音楽や動画アプリは使えますが、サーバーに接続しなければならないタイプのものは接続不可です。

 

アプリの品揃えとっても悪い

Fire hdシリーズの評判が悪い理由として挙げられるのが、アプリストアのラインナップの悪さです。

 

ビックリするくらい、使いたいアプリが入ってない。いやほんとに。まともに入ってるのはインスタやZooM、Amazon関連サービスくらい。

 

何なら標準のGoogle Chromeも入ってないからね!互換Chromeみたいのは入っていますが、どのアプリも本家とはなんか違う。

 

D
D

普通にAndroid入れてくれればいいのに。

スポンサーリンク

Fire hd 8 Plusが向いている人・向いていない人

Fire hd 8 Plusはできることさえ把握しておけば、自分に向いているか否かがはっきりする製品です。GooglePlayを入れる前提で、向いていると向いていない人をまとめておきましょう。

向いている人

◎ブラウジング・ネットサーフィン・動画鑑賞・音楽鑑賞が目的

◎安くて普通に使えるタブレットを探している

◎子供のお守り用に使いたい

向いていない人

◎タブレットで動画編集や画像編集など高負荷な作業をしたい

◎高感度な環境でイラストなどを描きたい

◎iCloudでiPhoneと同期させたい

 

D
D

ぶっちゃけ高負荷な作業以外において、タブレットはFire hd 8 Plusで十分だと思います。

スポンサーリンク

Fire HD 8 Plusの口コミ・評判

Fire HD 8 Plusの口コミや評判は下記のとおり。AmazonのタブレットなのでAmazonレビューがもっとも多いですが、ヤラセとかの可能性も考慮し、今回はTwitterから抜粋しました。

Fire HD 8 Plusのいい口コミ/Twitter

 

 

 

良い評価をしている人たちは、Fire HD 8 Plusの用途も明確になっている印象ですね。

Fire HD 8 Plusの悪い口コミ/Twitter

 

一方で、いくつかの不具合による不満の声も上がっています。

 

格安タブレットに多くを求めてはいけないのです。

スポンサーリンク

Fire HD 8 Plusの実機レビュー

ここから、実際に購入したFire hd 8 Plusの感想レビューをしていきます。

とりあえず開封の儀です。

入ってた付属品は下記のとおり。

◎本体
◎充電用ケーブル(typeC)とコネクター

 

格安タブレットにありがちですが、必要最低限って感じですね。

無論これで問題はありません。

手に持った大きさや分厚さはこのようなディティール。

iPad miniとさほど変わらないですね。

 

 

充電コネクターとは別にイヤホンジャックが付いている。

昨今は一体化が主流となり不便に感じているなかでこれは嬉しい!

 

片面に音量ボリューム・電源・イヤホンジャック・充電コネクタが全て揃っています。

横側面にはSDカードスロット、ステレオスピーカーの穴が並びます。

 

基本的な機能は大体網羅してる印象ですね。

日本語はもちろん、各国語にも対応しています。

 

ベンチマークスコア

ベンチマークスコアはシングルコアで137、マルチコアで449。

 

 

iPad mini5がシングル4809、マルチ11537らしいですが、2万円以下のタブレットに多くを求めてはいけません。

 

D
D

用途的に問題なければいいのです。

ページの表示速度

恐らくFire hd 8 Plusの購入にあたって一番気になるのが、ページの表示速度ではないでしょうか。

D宅はNuro光を引いていますが、通信速度はこんな感じです。

 

 

概ね40Mbpsほど出ているようです。ブラウジングや画像表示速度は、動画にした方が分かりやすいかなと思ったので、下記のように撮影してみました。

 

 

画質が悪いのはiPhone側の撮影アプリのせいです(;^ω^)

特別カクカクすることもなく、スムーズに動画再生やページ移動ができます。

※DはGoogle Playを入れているので、Chromeから開いています。

 

これだけの速度出るなら、ブラウジングや動画音楽くらいは問題ないでしょ?

 

ちなみに管理人の購入したのは32Gモデルです。

とはいえ、SDカードで容量拡張しているので問題ありません。

 

1万円とちょっとでこれだけのスペックなら満足です(^^)

 

何となくハイスペックなiPad使ってるけど、じつはDと同じような用途しかない人、結構多いんじゃないでしょうか?

 

そんな方にはコスパ最高のタブレットだと思いますw

スポンサーリンク

iPad miniとFire hd 8 Plusを比較してみて

以前はiPad miniを使っていましたが、用途は現在と変わりませんでした。

ゲームはiPhoneでやるので、タブレットはブラウジングや資料提示などくらい。

 

D
D

iPhoneで電子書籍とか見ると文字がちっちゃくて辛かったんです…

その点から考えると、DにiPad miniはオーバースペックだったんだなと思いました。

iPad mini買うお金あれば、Fire hd 8 Plusが4台は買えますからねw

持ち運びに関しても、8インチは丁度いいです。7インチは手軽ですが、スペックが落ちてしまいますし、10インチはちょっと大きいので(;’∀’)

スポンサーリンク

Fire hd 8 Plusはテレワークに使えるのか?

近々会社が在宅勤務を導入するから、Fire hd 8 Plusをテレワークで使いたい!という人もいるかと思います。結論からいえば、問題なく使えるかなと思います。

 

GooglePlayをインストールすれば、タブレット用のWordやExcelも無料で使えますし。無線キーボードとマウスを繋げば、簡易的なノートPCとしても活躍してくれます。

 

D
D

本格的なテレワーク環境を整えるつなぎにもピッタリです。

スポンサーリンク

まとめ

正直なところ、数年にわたって愛用できるタブレットをお探しの方にはオススメできません。が、入門用や子ども用など、1~2年単位での使い捨て端末としてであれば、最高のコスパを発揮してくれるタブレットだと思います。