Dのフリーコミュニケーション

コミュニケーション能力など、フリーランスとして役立つ情報を発信しているサイトです。あと個人的なブログも書いてます。

必須!ライターが知っておくべきマーケティングスキル3︎選

どもども。Dです。

いやー、随分空きました。

 

ずっと更新したかったんですが、ずっと仕事で埋まっていました。

で、久々だけど何書けばいいんだろう?

 

とか考えて、基本的な部分に立ち戻ってみようかと思います。

WEBライターが知っておくべきマーケティングスキルについてです。

 

SEO対策とかCVR(コンバージョン率)とか専門用語はいくつかありますが、その中でもクライアントがライターに知っておいてほしいと感じる部分を書いておこうかなと。

 

主に記事作成とか記事設計に関することです。

 

基礎的な部分が多いので、ある程度経験がある人にはあまり価値がない内容かもしれません。

目次をみて不要そうなら、飛ばしちゃってください。

 

かなり初心者向けです^^;

では、いってみましょう!

1:ターゲットとなる読者を具体的に想定しておく

皆さんは記事を書くとき、どうやって書いてますか?

 

リサーチして必要そうな内容を書いてから見出しを作る人や、先に見出しだけ作る人など、やり方はそれぞれだと思います。

 

どんな手順でもいいんですが、記事を作る前にその記事が「誰に向けた内容なのか」は明確にしておくようにしましょう。

例えば、犬を飼おうか検討している人に向けて記事を書く場合、ただ「犬の飼い方」についての情報をまとめるだけでは不十分です。

 

犬と一言に言っても、小型犬・中型犬・大型犬と大きさの違いがあり、なおかつそれぞれのサイズで犬種も分かれています。

 

だから犬の飼い方を調べている人に向けて情報を発信するのであれば、より具体的にターゲットを絞ったほうがいいです。

 

犬の飼い方を調べている人

小型犬の飼い方を調べている人

チワワの飼い方を調べている人

 

ターゲットを狭く絞るほど、特定の人に役立つ記事ができやすくなります。

また上記例の「チワワの飼い方を調べている人」が必要とするであろう情報は、思いつく限り網羅しましょう。

よくクライアントが「文字数よりも網羅性を重視します」と書いているかと思いますが、あれは「ターゲットとする読者が必要とする情報がすべて盛り込まれているか」という意味になります。

 

「チワワの飼い方を調べている人」が必要とする情報としては、基本的なところでは下記のようなことです。

 

・チワワの生体価格相場

・チワワの中の種類

・チワワが大人になったときの大きさ

・チワワを飼うのに必要なもの

・チワワの性格

・チワワの寿命

・チワワに適した餌

・散歩の必要性

 

こんな感じでしょうか。

本来は「マインドマップ」や分析ツールを使ってもっと深堀りしたほうがいいんですが、初心者向けということで割愛しています。

 

その検索語を調べるユーザーが「どんなことを調べているか」については、現在そのワードで上位表示されているコンテンツを参考にするといいでしょう。

 

もしロクな情報がない場合は、しっかりと調べて記事を作ってアップすれば、割と簡単に上位表示できたりします。

ドメイン自体の強さにもよりますが。

 

この構成を作るためのリサーチから見出しの設定ができるだけでも、クライアントからすれば非常にありがたい存在になります。

 

やってみると分かりますが、記事設計って恐ろしくめんどくさいです。

しかし、リサーチと構成はしっかりと時間をかけて行ったほうが良質なコンテンツになりやすくもあります。

 

ガチでコンテンツSEOを行っているサイトはこの辺り徹底してますね。

 

ただ情報を網羅しすぎると、ユーザーとしては読む負担が大きくなってしまうので、なんとも言えません。

Googleに評価されるには網羅が重要ですが。

 

また更新や納品までの時間制限があるので、バランスが難しいところです。

 

※今更ながら「なんで例がチワワなん?」というツッコミはスルーします。

なんとなくです。ゴールデンレトリバーでもポメラニアンでもよかったんです。

 

2:読むユーザーの思考プロセスを想定する

記事の構成を考えるとき、何をどこに持ってくるのかわからないという人も多いと思います。

そんなときは「読者がすぐにほしい」と思うであろう内容を優先的に持ってくるようにしましょう。

 

その「読者がすぐにほしい」と思う内容については、自分が予備知識のない状態ならどんなことを考えながら調べるか?を想像してみるといいでしょう。

 

何か知らないことを調べるときの人の思考パターンは、そこまで大きくは変わりません。

 

Googleキーワードプランナーやサジェストなどを使えば、ある程度関連ワードなども出てくるので、そこから検索ユーザーの心理や意図も見えやすくなります。

 

よりユーザーの意図を明確にするには「ミエルカ」などの有料ツールが便利ですが、月額数万円クラスなので敷居が高いです。はい。

3:記事設計のリサーチに役立つオススメ無料ツール

大体の人は知ってると思いますが、リサーチ時に役立つ無料ツールをいくつかご紹介しておきます。

基本どれも無料なので、興味のある方は試してみてください。

 

・Googleキーワードプランナー

・Googleアナリティクス

・Googleサーチコンソール

・Googleサジェストキーワード

・good key word

・SEOチェキ

 

本当に基本的な部分だけなので「今更聞くまでもねえ!」という人も多いと思いますが、WEBライター初めて間もないという人の役に立てばなーとかなんとか思いつつ、書いてみました。

 

いやー、何も調べずに好き勝手書いたのかなり久しぶりですw

次はもう少し早めに更新できたらしたいと思います。

ではでは。

-ライターになるための知恵袋